AU

FabFilter releases bug-fix update for its plugins

FabFilter website

FabFilter has announced the release of an update for all FabFilter plugins. This update fixes a few problems that surfaced since the

The post FabFilter releases bug-fix update for its plugins appeared first on rekkerd.org.

iZotope’s Dynamic Delay is free – and wonderful

iZotope has a new delay out, and like many plug-in developers of late, they’re using a limited time free offer to rise above the din of Internet noise. But while the new “DDLY Dynamic Delay” is free, it’s not something cut-down.

On the contrary: you might fall in love with this delay right away.

screenshot_248

The basic idea is, DDLY is a “dynamic” delay — as in one that responds to dynamics. Now, of course, you could essentially create this with some clever routing of a dynamics processor to a delay, but integrating the two makes the process more intuitive.

The other clever feature of iZotope’s DDLY is the dual delay lines, which see at the top and the bottom of the plug-in. The granular delay path and modeled analog path each have their own character, and you can use them both at once.

I know I was supposed to be doing something purposeful with the thing, but I immediately wanted to go wild with the delicious “Trash” and feedback settings. Overdriving the DDLY gives you some wonderful effects.

Here’s some sonic results from doing that:

For more sound examples, here’s iZotope. They do some granular stuff with a synth, which you can hear is unmistakably granular but has some details to the sound that’ll make it clear you aren’t using an Ableton preset again (cough, yes, producers, we can hear you!):

And a really nice example from them on drums:

iZotope are advertising the results as “cleaner” — but maybe that’s the point, actually, that it’s clean enough that extreme feedback settings remain usable.

You can hear just how clean in this example with guitar (again, with iZotope playing with this properly, rather than screwing around like me):

Before I sound entirely positive, there are a couple of peculiar things about DDLY. One, there’s a sort of translucent interface that make me feel like I’m going slightly blind. I’m not exactly sure what the intention was, but the UI looks like something out of a 90s first person shooter that was then displayed on a fading monitor. That’s too bad, as the visual feedback is quite usable.

Two, you don’t get preset saving. iZotope do point you to the ability to use a PDF to scratch down settings. I’m not sure what the rationale was here, but on the other hand, it makes sense that you really shouldn’t think too much about saving settings, since the whole idea of the plug-in is meant to be responding to particular source material in different ways.

screenshot_246

All in all, it’s a beautiful plug-in, with that rare combination of subtle and extreme.

So, it’s free – what’s the catch?

You have to sign up with an email via iZotope. You don’t have to sign up for a newsletter, though (you can opt out of that when you register). I wound up “buying” the free download from Time & Space, which made me fill out a lot of contact info but also didn’t add any newsletters or ask for payment info. Then you get an email with a serial for authorization. You can use an iLok login optionally if you choose.

iZotope DDLY Product Page

Time + Space product page (In case you already have a login there, you can grab it even quicker)

The plug-in will go to a (still reasonable) US$49 price after the 30-day intro (mid-March 2016), with a 10-day demo.

Screenshots: CDM.

The post iZotope’s Dynamic Delay is free – and wonderful appeared first on cdm createdigitalmusic.

CFA-Sound releases GRIP valve drive compressor plugin

CFA-Sound GRIP feat

Resonance Sound has released GRIP, a new valve drive compressor effect plugin by CFA-Sound. The brandnew GRIP valve drive compressor by CFA-Sound

The post CFA-Sound releases GRIP valve drive compressor plugin appeared first on rekkerd.org.

iZotope releases DDLY Dynamic Delay plugin (free for limited time)

iZotope DDLY Dynamic Delay

iZotope has announced the release of DDLY Dynamic Delay, a delay effect plugin for Windows and Mac. DDLY Dynamic Delay responds to

The post iZotope releases DDLY Dynamic Delay plugin (free for limited time) appeared first on rekkerd.org.

HoRNet Plugins releases AnalogStage plugin

HoRNet AnalogStage

HoRNet Plugins has announced the release of AnalogStage, an effect plugin that emulates those sound characteristics usually associated with analog gear (saturation,

The post HoRNet Plugins releases AnalogStage plugin appeared first on rekkerd.org.

Shattered Glass Audio releases Code Red console emulation plugin

Shattered Glas Audio Code Red

Shattered Glass Audio has launched Code Red, an console emulation effect plugin for Windows and Mac. Code Red is inspired by two

The post Shattered Glass Audio releases Code Red console emulation plugin appeared first on rekkerd.org.

Audiority updates TS-1 transient shaper plugin to v1.1

Audiority TS-1

Audiority has released version 1.1 of its TS-1 transient shaper effect plugin for Windows and Mac. TS-1 is a multimode frequency dependent

The post Audiority updates TS-1 transient shaper plugin to v1.1 appeared first on rekkerd.org.

充電ケーブル1本でiPad/iPhoneの音をAbleton Liveに取り込む方法その2、Studiomuxを使ってみる

screen640x640

先日書いた「充電ケーブル1本で、iPad/iPhoneの音をAbleton Liveに取り込む方法」という記事の反響が大きかったので、今日はその続編ということで、StudiomuxというiOSアプリを使い、iPad/iPhoneの音をコンピューターに取り込む別の方法を紹介しましょう。

Studiomuxは以前にこのブログでも紹介したAudiomuxのアップグレードバージョンで、通常のUSB充電ケーブルを使うだけで、iOSデバイスからコンピューターへ最大8チャンネルのオーディオをストリームすることができるアプリです。例えば、Ableton Linkを使って幾つかのアプリでセッションしているとき、それぞれのアプリをAbleton Liveのオーディオトラックにレコーディングできたり、または、友達のiPhoneも接続して、2台のデバイスを同時にAbleton Liveにレコーディングするようなことが可能となります。

Studiomuxはオーディオストリーム以外にも、MIDIインターフェイスとしての役割もこなす機能豊富なアプリなのですが、今日はこのオーディオの部分だけに絞って見てみます。Studiomuxは、iOS 7.0 以降のiPhone/iPad/iPodTouch、そしてMac OS10.7とWindows7 以降に対応しています。

 

Studiomux のAudio機能概要:

  • iOSデバイスからMac及びWindows PCへのオーディオのストリーム
  • VSTとAU対応、iOSアプリのDAWの連携が簡単に
  • 一度に複数のiOSデバイスの使用可能、各デバイスは8ステレオチャンネルまでの双方向のストリーミングが可能
  • IAAとAudioBus対応の数多くのアプリに対応
  • IAAとAudioBusミキサー搭載、ボリューム、ミュート、モニター操作可能
  • 簡単な操作でインストゥルメントアプリやエフェクトアプリのルーティングが可能
  • IAAアプリにはMIDIノートのインプットが可能、VSTインストゥルメントと同様に扱うことが可能
  • Ableton Linkに対応、IAAアプリとの同期が可能

 

 

接続に必要な物

  • Studiomux (Appストアにて¥1200)
  • サーバーアプリ(コンピューターにインストールするサイズの小さなアプリ、無償)
  • 通常のUSB電源ケーブルでiOSデバイスとコンピューターを接続

 

設定方法

Studiomux、そしてサーバーアプリを立ち上げると、コンピューターのメニューバーには小さなアイコンが表示されます。使っているiOSデバイスがきちんと接続できていれば、Midi ConnectionsとAudio Connectionが1/1と表示されます。(画像下)

 

スクリーンショット 2016-02-08 13.40.01

 

Studiomuxから使いたいアプリを起動します。StudiomuxはIAA対応アプリとAudiobus対応アプリを使うことができますが、AudioBusアプリを使うにはAudiobusアプリも立ち上げなければなりません。ここではまずは、IAA対応アプリコルグのiELECTRIBEを起動してみましょう。Studiomuxのスロットにある「+ボタン」をタップすると、インストール済みのIAAアプリ(インストゥルメントまたはエフェクト)が表示されるので、ここでiELECTRIBEを選択します。すると、iELECTRIBEは自動的に起動し、スロットにはアイコンが表示されます。(画像下)

 

IMG_0063

 

ではiELECTRIBEの音をAbleton Liveに通してみましょう。Ableton LiveのVST Plug inフォルダーにある「Studiomux Generator」というプラグインをAbleton LiveのMIDIトラックに挿入します。続いて、新しいオーディオトラックを作り、ここにStudiomux プラグインのオーディオ信号をルーティングします。設定はこれだけ。

プラグインのインターフェイスには、iPadからiElectribeをレシーブしているという情報が表示されています。(画像下)

 

スクリーンショット_2016-02-08_16_04_16

 

iELECTRIBEをスタートしてみましょう。すると、、、Ableton LiveからiELECTRIBEの音がなるんです♪ しかもiELECTRIBEはAbleton Linkに対応していますので、Ableton Liveとテンポ同期もできているはずです!

 

さらに別のアプリを立ち上げてみましょう。今度はコルグのGadgetにしてみましょう。Studiomuxアプリのスロット2でGadgetを選択します。

 

IMG_0064

 

 

Ableton Liveの新しいMIDIトラックには、先ほどと同じようにVSTプラグインStuiomuxGeneratorを挿入し、新しいオーディオトラックにルーティングを行います。

プラグインのインターフェイスのアイコンをクリックすると、Gadgetを選択できます。(画像下)

これで設定完了。iElectribeとGadgetがそれぞれ別のチャンネルに入力されましたね。

 

スクリーンショット_2016-02-08_16_10_10

 

 

このようにして、合計で8つまでのアプリをDAWにストリーミングできるようになるのですが、アプリの重さにもよりますが、さすがに8つのアプリを同時に鳴らすことは厳しいです。筆者はiPad Pro を使っていますが、3〜4つまでのアプリが限界かなというところです。ノイズが気になりだしたら、Studiomuxのバッファーサイズを上げることで幾分解消できます。

 

iPhoneも接続してしまえ!

Studiomuxのすごいところは、複数のiOSデバイスの使用が可能なことです。つまり自分のipadだけでなく、友達のiPhoneも一緒にAbleton Liveにオーディオストリーミングできてしまうのです。

それでは今度は、コルグのiKaossilatorを使ってみましょう。設定はこれまでと全く一緒です。コンピューターとiPhoneは通常のUSB充電ケーブルを使って接続、iPhoneでもStudiomuxアプリを立ち上げ、お気に入りのアプリを選択します。

Ableton Liveの新しいMIDIトラックにもStudiomux Generatorプラグインを挿入します。Studiomux Generatorプラグインを開き、今度はここでiPhone、それからiKaossilatorを選択します。(画像下)

設定は以上。これで友達のiKaossilatorの音もAbleton Liveに入力されます♫

 

スクリーンショット 2016-02-08 16.16.01

 

先ほども述べましたが、StudioMuxというアプリは、このようなオーディオストリーミング機能以外にも様々な優れた機能を持っているのですが、それはまた別の機会に紹介することにします。

Ableton Linkを使って楽しくセッションした後はしっかりレコーディングして、トラックの完成に向けて頑張りましょう。

 

StudiomuxはAppStoreにて価格¥1.200

Studiomux

 

 

 

Voxengo releases OldSkoolVerb Plus reverb plugin

Voxengo OldSkoolVerb Plus

Voxengo has announced the release of OldSkoolVerb Plus, an algorithmic reverberation plugin for Windows and Mac. This plug-in is an extended version

The post Voxengo releases OldSkoolVerb Plus reverb plugin appeared first on rekkerd.org.

Tokyo Dawn Labs updates SlickEQ, Kotelnikov & Nova plugins

Tokyo Dawn Labs Nova

Tokyo Dawn Labs has announced updates for its SlickEQ parallel dynamic equalizer, Kotelnikov wideband dynamics processor and Nova mixing/mastering equalizer effect plugins

The post Tokyo Dawn Labs updates SlickEQ, Kotelnikov & Nova plugins appeared first on rekkerd.org.