Beepstreet bastelt an modularem Drambo – Drumbox Synth

Beepstreet Drumbo

Beepstreet haben schon ganz interessante Synthesizer für das iPad gemacht, darunter Sunrizer und Impaktor, das Elektroschlagzeug, das per Microfon zu steuern war.

Jetzt gerade per Dropbox-Link-Video wurde ein Prototyp mit Lauflicht gezeigt mit dem Namen Drambo („Drum Box“). Man kann eindeutig sehen, dass noch einiges in der Gestaltung fehlt. Wohl aber findet man den Satz über dem Video „I always wanted a modular drum machine with p-locks“. Damit ist dann wohl klar: Es wird eine modularisierte Drum-Maschine, die sehr flexible Klangerzeugung erlaubt und Automation pro Step erlaubt, wie man es von Jomox oder Elektron her kennt. Denn Parameter-Lock ist der Werbebegriff von Elektron für Automation.

Beebstreet Drambo – fürs iPad

Das Ganze läuft auf einem iOS-Tablet, und man sieht eine Hand daran herumspielen, Steps setzen und den Klang etwas justieren. Wann das soweit sein wird, ist nicht bekannt. Die Arbeit an Software ist nicht weniger aufwendig bei der Findung des finalen Konzepts und Looks. Auch bei der Superbooth gibt es durchaus Apps zu sehen, dennoch vermuten wir, dass die finale Version einfach irgendwann in den kommenden Monaten kommen wird.

Nicht ganz Modular,  aber extrem vielseitig sind sonst noch Elastic Drums von MOM Instruments. Aber der Spruch, dass man noch kein modulares System habe, war schon bei Hans Nordelius sehr sympathisch, darauf hin präsentierte er den Nord Modular.

Schade, dass es den nicht mehr gibt, aber vielleicht ein Drum-Modular-Synth? Drums sind technisch natürlich auch einfacher herzustellen, daher wird es interessant sein, wie genau das aussehen wird. Man kann aber schon sehen, in welche Richtung es geht.

Infos

Korg’s Monopoly board game crossover isn’t even an April Fools’ joke

Happy 1st of April! Mono/Poly synth, Monopoly board game – get it? Oh, wait. Actually, they’re serious. KORG are doing a complete reskin of their Mono/Poly synth for iOS to look like the classic board game.

Here’s the intro video, featuring the tycoon mascot of the classic board game:

The 1935 board game Monopoly has certainly seen all kinds of branding, transforming it into the most-played modern tabletop game. But this has to be a first. Most of us pronounce the name of Korg’s Mono/Poly synthesizer as “Mono, Poly,” not one word “monopoly,” because of the slash in the title and the fact that the name refers to monophonic and polyphonic operation. But the connection was always clear.

Now, what that synth app on iOS has to do with the board game – not a whole lot. But what you do get is some very cute and clever UI imagery, including the signature pieces from the board game repurposed as knobs, the layout of the board (including on KAOSS Pad-style X/Y controllers), and references to the GO space (here signifying signal and sync). It looks adorable – they’ve even reproduced the crease in the board itself, which should take people back.

I suspect a lot of musicians these days feel like they’re losing the game of real-world global market capitalism, but… well, this is a free app update.

And whether you think this is ridiculous or not, it shows us KORG as always ready to partner and collaborate, building on past experiments with modular hardware learning platform littleBits, Nintendo game consoles, artists like OK Go, and more. However silly this venture is, that seems to keep an image of KORG that’s playful and open to new ideas.

Most importantly: you can randomize the settings with a roll of the “dice.” Now that’s a good feature to borrow from games of chance.

Tragically, the Monopoly edition Mono/Poly is no good for jam sessions. The sessions take forever, one person dominates right from the start, and pretty much everyone else has to try to devise some way to cheat just to get back in the game. (Sorry, I had to go there.)

More:

The popular board game Monopoly as a synthesizer!? The updated KORG iMono/Poly brings you the collaboration you weren’t expecting. [KORG News]

The post Korg’s Monopoly board game crossover isn’t even an April Fools’ joke appeared first on CDM Create Digital Music.

スキンも変われば気分も変わる、KORG iMono/Poly 無償アップデートバージョン

iMonoPoly_Main

KORGのiOSシンセiMono/Polyの無償アップデートバージョン1.1がリリースされました。このバージョンでは超有名ボードゲーム「MONOPOLY」とコラボしたスキンが追加され、メニューに表示されている「モノポリーおじさんのアイコン」を押すとインターフェイスのデザインが一変します。さらに、サイコロを振る(タップする)と新しいサウンドが自動的に生成される「ランダマイズ機能」も追加されました。iPhone版のスキンは近日中にアップデートされるのこと。4/22まで50%オフセール実施中。

iMono/Poly 

KORG

 iMonoPoly_KaossPadiMonoPoly_Effect

Apple Pencilを使ってとってもリアリティのあるバイオリン演奏ができるアプリ

41spQqUVigL

 

MIDIキーボードを使ってバイオリンを演奏するとき、特に「チゴイネルワイゼン」みたいなドラマティックなソロ演奏をしたい時には、ピッチベンドやモジュレーションホイールでビブラートを付ければ、なんとなくそれっぽい気分に浸ることができますが、本物のバイオリニストによる繊細なボーイング奏法にはとてもとても敵うものではありません。そこで開発されたのがPen2BowというiPad Pro専用のアプリ。Pen2BowはApple Pencilを使ってバイオリンのボーイング奏法をシュミレートするMIDIコントローラーです。

 

IMG_3127628E5028-1

 

Pen2Bowの基本的な仕組みは、Apple Pencilのセンサーが①ペンの速度②ペンの圧力③ペンの傾き④ペン先の傾き を検出することにあります。これら4つの情報は4つのMIDI CC(エクスプレッション、ビブラートなど)にアサインすることができるので、ペンを動かすごとに4つのMIDI CCを同時にコントロールできるわけです。

Pen2Bowは、Pencilによる『円』と『線』の動きを識別できることも特徴です。本物のバイオリンで持続したノートを鳴らすには弓の返しに常に気を使わなければなりませんが、Pen2BowならばiPadのスクリーンで『円』を描くことによって、弓を返すことなく無限に演奏を続けることができます。さらにPencilで『線』を右方向に描くと上げ弓、左に描くと下げ弓をシュミレートします。

下のビデオではSWAMバーチャルインストゥルメントを使ったデモンストレーションが行われています。

右手でキーボードを弾き、左手でApple Pencilを操作。とても不思議な演奏スタイルですが、表現力はかなりアップする気がします。

 

 

Ampify Groovebox for iOS app gets seamless Novation Launchkey connectivity

Ampify Groovebox Novation LaunchkeyAmpify has announced an update to its Ampify Groovebox, a free to download app that helps anyone create music on iPhone or iPad. The update brings Novation Launchkey support to Groovebox music studio app. It’s easy to start building beats and musical ideas on the go, on the beach, or even in bed. However, if […]

iOSのDAWアプリCubasisがAU MIDIプラグインに対応

Cubasis2.4とRozeta Bassline Sequencer

Cubasis2.4とRozeta Bassline Sequencer

SteinbergのiOS DAWアプリCubasisがバージョン2.4をリリースしました。本アップデートの目玉は「AU MIDIプラグイン」をサポートしたことです。普通AUプラグインというとプラグインシンセやプラグインエフェクターを思い浮かべることが多いですが、このAU MIDIはMIDIの入力にエフェクトをかけることができるもので、代表的なもので言ったらアルペジエーターだったり、鍵盤一つでコードを弾けたりするようなコードエフェクトなど、Ableton Liveなどにはすでに搭載されている機能ですね。Cubasis4.2のトラックパネルには新しくMIDI Effectsの欄が追加され、ここをタップするとサードパーティ製のMIDIエフェクターを選択することができるようになります。

そこで、どんなAU MIDIエフェクトがすでに発売されているのか調べ始めてみたのですが、これがほとんど皆無。でも唯一目についたのがRozeta Sequencer Suiteという9種類のMIDIエフェクターをパッケージした製品だったのです。物は試しに、さっそく買って試してみたのですが、これがなかなか凝っていて面白いのです。たとえばBasslineというエフェクトはアシッドベースラインをさらっと作れるモノシーケンサー、X0Xエフェクトはいわゆる808系のドラムマシン用シーケンサー、XYエフェクトはシンセのMIDI CCをグリグリとコントロールできるKaossPad系エフェクター、Rhythmエフェクトはポリリズムをさらっと作れるシーケンサー、そのほかアルペジエーターやLFOなど全9種そろって1200円。私のように、ピアノロールにMIDIを書き込み入力するのがもう面倒で面倒でたまらない人には絶対オススメです。

 

トラックパネルには新しくMIDI Effectsの欄が追加された

トラックパネルには新しくMIDI Effectsの欄が追加された

Rozeta XoXプラグインは808系のリズムシーケンサー

Rozeta XoXプラグインは808系のリズムシーケンサー

 

 

Cubasis 2.4のもうひとつの新機能は、iOS 11から加わった新アプリ「ファイル」をサポートしたことです。これまでもiCloudやDropBoxなどファイル共有に関してはいろいろと充実してはいましたが、この「ファイル」サポートによってファイルの共有はさらに便利になります。たとえば本家Cubaseとのファイル共有だったり、サンプルやループなどオーディオファイルの受け渡しなんかはめちゃめちゃ楽になります。

iOS11の新アプリ「ファイル」をサポートしたことでファイルの共有が便利に

iOS11の新アプリ「ファイル」をサポートしたことでファイルの共有が便利に

 

詳しくはCubasis 2.4紹介ビデオをどうぞ。

 

 

Steinberg updates Cubasis music app to v2.4 + 50% OFF in Spring Sale

Steinberg Cubasis Spring SaleSteinberg has released version 2.4 of its Cubasis music app for iOS, adding highly user-requested new features as well as fixes and improvements throughout the app. The update introduces Audio Unit MIDI, allowing you to sequence and control instruments via third-party AU MIDI plugins with ease. The update also brings Apple Files app support, enabling […]

本家MOOGがリリースしたiOS版Minimoog Model Dアプリ

minimoog-ios

 

Moog社が新しいiOSアプリMinimoog Model Dをリリースしました。対応ディバイスは64ビット対応のiPad、iPhone、iPodとなっています。

Minimoog Model Dはその名が示している通りMinimoog のModel Dハードウェアシンセ(価格$3,749!) をiOSデバイス用に移植したソフトウェアシンセです。このiOS版Model Dにはハードウェアにはない特別な機能として、4ボイスポリフォニック、アルペジエーター、リアルタイムのループレコーダー、ステレオピンポンディレイのモジュール、新しいタイムモジュレーションエフェクトBenderを搭載しています。さらにAUv3フォーマットに対応しているのでGarage BandやCubasisとの連携も簡単になります。またNote-per-channel MIDI controllers (MPE)を読むこともできるのでRoliやLinnstrumentのような新世代のコントローラで演奏することによって本家Model Dハードウェアシンセでは全く不可能なサウンドを演奏できるに違いありません。これは是非試してみたいです。

正直今となっては全く珍しいくないMini Moogサウンドですが、iOS版に移植されることで21世紀らしい新しい解釈が付け加えられるのが良いですね。今なら価格600円!その他のMoogアプリ(Model 15、Animoog iPad、Animoog iPhone、Filtatron)もセール中です。

公式ビデオ(↓)は昔々懐かしいサウンドをプッシュしているようですが、やはり本家Moogのアプリとなると気が引き締まります。

 

 

Minimoog Model D app

Klevgränd releases Grand Finale audio finalizer for iOS

Klevgrand Grand Finale iPadKlevgränd Produktion has announced the iOS version of the Grand Finale multi effect designed for finalizing complete mixes, stems, buses and/or individual audio tracks. The standalone app allows you to import, process and export audio. The plug-in offers several modules in a pre-routed configuration. Each module has parameters to alter, and most modules offer a […]

Groovebox for iOS gets new MiniMon wavetable synth

Ampify Groovebox for iOS MiniMonAmipfy has announced version 1.8 of its Groovebox for iOS, a free, beautifully designed music studio app packed with inspiring synths and drum machines. After introducing song sections in version 1.6 and making the app look good in iPhone X with version 1.7, this new update introduced the new MiniMon wavetable synthesizer instrument as an […]