Japanese

8マルチティンバー、各ボイス10オシレーターのモンスターデスクトップシンセValkyrieがMusikmesse 2018に登場

 

29791_51

 

今週水曜日からドイツ・フランクフルトで開催するMusikmesse 2018にて、イギリスのシンセメーカーExodus Digital がバーチャルアナログシンセValkyrie(ワルキューレ)を発表します。Valkyrieは、8マルチティンバー、各ボイス10オシレーターまでの使用が可能、2ボイス合体で20オシレーターの使用が可能、各マルチティンバーは9種類のエフェクトモジュールの使用が可能、4アウトプット端子を搭載するなど、かつてのバーチャルアナログブーム最盛期を思わせるボリューム感たっぷりのデスクトプップシンセ。価格、発売日など、詳細はのちほど報告します。

 


Musikmesse 

 

8マルチティンバー、各ボイス10オシレーターのモンスターデスクトップシンセValkyrieがMusikmesse 2018に登場

 

29791_51

 

今週水曜日からドイツ・フランクフルトで開催するMusikmesse 2018にて、イギリスのシンセメーカーExodus Digital がバーチャルアナログシンセValkyrie(ワルキューレ)を発表します。Valkyrieは、8マルチティンバー、各ボイス10オシレーターまでの使用が可能、2ボイス合体で20オシレーターの使用が可能、各マルチティンバーは9種類のエフェクトモジュールの使用が可能、4アウトプット端子を搭載するなど、かつてのバーチャルアナログブーム最盛期を思わせるボリューム感たっぷりのデスクトプップシンセ。価格、発売日など、詳細はのちほど報告します。

 


Musikmesse 

 

MASCHINE 2.7.3リリース、ループレコーディング機能、Logic Proのコントロール機能が追加

MASCHINE 2.7.1 レコーディングモードに「LOOP」追加されました。

MASCHINE 2.7.1 レコーディングモードに「LOOP」追加されました。

 

Native Instruments MASCHINE のバージョン2.7.1がリリースされました。MASCHINE 2ソフトウェア 登録ユーザーはいつものようにNative Accessより無償ダウンロードできます。

前回のアップデート(2.7)で待望のAudioプラグインが導入され、オーディオファイルのプレイが可能になったMASCHINEですが、今バージョン2.7.1ではループモードでオーディオのレコーディングができるようになりました。シーケンサーを止めることなく次々とループレコーディングできるので、ライブをしている人にとっては特に重要な機能です。

レコーディングのスタート位置はパターンに合わせて自動的にクオンタイズされるのでループのサイズはいつも正確です。レコーディングが終了すると自動的にプレイバックが始まります。MASCHINEと繋がっている外部MIDI音源のレコーディングだったり、MASHCINE内で立ち上げているプラグインのサウンドだったり、マイクの入力でもなんでも、軽快にループレコーディングができるようになります。

さらに、もう一つこのAudioプラグインに新しい機能が追加されました。LOOPモードを選択している際に波形をダブルクリックすると、オーディオのプレイバックをオン/オフすることができ、ハードウェアコントローラのSTEPからも同じ操作ができます。つまりこの機能によって、MASCHINEに一曲まるごとのファイルや、Stemsファイルなどを入れていまい、MASCHINEのその他諸々のサウンドと一緒にミックスすることができるようになるわけです。

 

そのほか2.7.1の追加機能

MASCHINE mk3 アップデート。Ideas Viewの表示が可能になりました。4方向のプッシュエンコーダーでセレクト・ナッジ ・ピッチシフト・ノートレングスの変更などエディットが行えるようになりました。

MASCHINE mk3 とMASCHINE STUDIO でLOGIC PROのミキサー画面にアクセスできるようになりました。パンの設定、ミュート/ソロ、プレイ、ストップ、レコーディング、クオンタイズ、アンドゥ/リドゥー、オートメーションのトグル、タップテンポ、ループトグルなどの操作ができます。

 

MASCHINE

 

ROLAND CLOUDはさらに充実、ドラムマシンTR-909が追加

スクリーンショット 2018-04-04 13.35.51

 

ROLANDは1983年のドラムマシンTR-909のプラグインソフトウェアをリリースしました。本ソフトウェアはRoland Cloudバージョンとしてリリースされたもので、個別には販売されません。Roland Cloudは、月額2265円(年間23100円)払うことによってROLANDのプラグインソフトウェアを通常のプラグインと同じように使えるようになるサブスクリプション方式のサービスで、現在カタログにはおよそ30のプラグインが用意されています。先月はTR-808のプラグインソフトウェアが追加されたばかりです。

CloudバージョンのTR-909は、オリジナルマシンにはない16ステップシーケンサーを装備し、パターンを視覚的に把握できるようになりとても便利です。また、一つのパターンから8つのバリエーションを作れるのでトラックの組み立てがとても簡単です。フラム・サブステップ入力を使えばダブステップのような3連ビートにも迅速に対応できます。また各インストゥルメントごとにステップ数とシャフル値を設定できるので、ポリリズムのような実験的なビートも迅速に作ることができます。さらに、先ごろ発売されたばかりのTR-8Sと連携し、パターンの共有や、TR-8Sからのコントロールが可能になります。

サウンド面ですが個人的にはとても満足しています。特にハイハットやシンバルやスネアは「お、、本物に近い!」と唸らせてくれます。それじゃあ「これまでのAIRA TR-8 やBoutique TR-09はいったい何だったのよ?」と思わざるをえませんが、そこはトリッキーなデジタル世界の話なのでしょう。

ROLAND CLOUD

 

 

東京発、8ボイスのアナログシンセサイザーKIJIMIがSuperbooth 2018に登場

29415379_182335485896985_4169525268517486592_n(1)

東京に拠点を置くシンセメーカーBlack Corporationが、8ボイスのポリフォニック・アナログシンセサイザーKijimiを、5月3日からドイツ・ベルリンで開催されるトレードショーSuperbooth 2018で発表するとのことです。Kijimi?日本語に聞こえないでもありませんがいったいどう意味なのでしょうか。

Black Corporationは本年度のNAMMショーにおいてYAMAHAの8ボイスポリフォニックシンセ CS-80にインスパイアされたラックマウントモジュールDeckard’s Dreemを発表し注目を集めました。Kijimiは1970年代後半に製造されたフランス製の超レアなポリシンセRSF Poly Kobol II にインスパイアされたモジュール。RSF Poly Kobol II の特徴であったモーフィングオシレーターがどのように再現されているのか気になります。

ちなみに下のビデオはオリジナルRSF Poly Kobol II のデモンストレーションビデオ。とても味わい深いサウンドです。

スキンも変われば気分も変わる、KORG iMono/Poly 無償アップデートバージョン

iMonoPoly_Main

KORGのiOSシンセiMono/Polyの無償アップデートバージョン1.1がリリースされました。このバージョンでは超有名ボードゲーム「MONOPOLY」とコラボしたスキンが追加され、メニューに表示されている「モノポリーおじさんのアイコン」を押すとインターフェイスのデザインが一変します。さらに、サイコロを振る(タップする)と新しいサウンドが自動的に生成される「ランダマイズ機能」も追加されました。iPhone版のスキンは近日中にアップデートされるのこと。4/22まで50%オフセール実施中。

iMono/Poly 

KORG

 iMonoPoly_KaossPadiMonoPoly_Effect

Apple Pencilを使ってとってもリアリティのあるバイオリン演奏ができるアプリ

41spQqUVigL

 

MIDIキーボードを使ってバイオリンを演奏するとき、特に「チゴイネルワイゼン」みたいなドラマティックなソロ演奏をしたい時には、ピッチベンドやモジュレーションホイールでビブラートを付ければ、なんとなくそれっぽい気分に浸ることができますが、本物のバイオリニストによる繊細なボーイング奏法にはとてもとても敵うものではありません。そこで開発されたのがPen2BowというiPad Pro専用のアプリ。Pen2BowはApple Pencilを使ってバイオリンのボーイング奏法をシュミレートするMIDIコントローラーです。

 

IMG_3127628E5028-1

 

Pen2Bowの基本的な仕組みは、Apple Pencilのセンサーが①ペンの速度②ペンの圧力③ペンの傾き④ペン先の傾き を検出することにあります。これら4つの情報は4つのMIDI CC(エクスプレッション、ビブラートなど)にアサインすることができるので、ペンを動かすごとに4つのMIDI CCを同時にコントロールできるわけです。

Pen2Bowは、Pencilによる『円』と『線』の動きを識別できることも特徴です。本物のバイオリンで持続したノートを鳴らすには弓の返しに常に気を使わなければなりませんが、Pen2BowならばiPadのスクリーンで『円』を描くことによって、弓を返すことなく無限に演奏を続けることができます。さらにPencilで『線』を右方向に描くと上げ弓、左に描くと下げ弓をシュミレートします。

下のビデオではSWAMバーチャルインストゥルメントを使ったデモンストレーションが行われています。

右手でキーボードを弾き、左手でApple Pencilを操作。とても不思議な演奏スタイルですが、表現力はかなりアップする気がします。

 

 

iOSのDAWアプリCubasisがAU MIDIプラグインに対応

Cubasis2.4とRozeta Bassline Sequencer

Cubasis2.4とRozeta Bassline Sequencer

SteinbergのiOS DAWアプリCubasisがバージョン2.4をリリースしました。本アップデートの目玉は「AU MIDIプラグイン」をサポートしたことです。普通AUプラグインというとプラグインシンセやプラグインエフェクターを思い浮かべることが多いですが、このAU MIDIはMIDIの入力にエフェクトをかけることができるもので、代表的なもので言ったらアルペジエーターだったり、鍵盤一つでコードを弾けたりするようなコードエフェクトなど、Ableton Liveなどにはすでに搭載されている機能ですね。Cubasis4.2のトラックパネルには新しくMIDI Effectsの欄が追加され、ここをタップするとサードパーティ製のMIDIエフェクターを選択することができるようになります。

そこで、どんなAU MIDIエフェクトがすでに発売されているのか調べ始めてみたのですが、これがほとんど皆無。でも唯一目についたのがRozeta Sequencer Suiteという9種類のMIDIエフェクターをパッケージした製品だったのです。物は試しに、さっそく買って試してみたのですが、これがなかなか凝っていて面白いのです。たとえばBasslineというエフェクトはアシッドベースラインをさらっと作れるモノシーケンサー、X0Xエフェクトはいわゆる808系のドラムマシン用シーケンサー、XYエフェクトはシンセのMIDI CCをグリグリとコントロールできるKaossPad系エフェクター、Rhythmエフェクトはポリリズムをさらっと作れるシーケンサー、そのほかアルペジエーターやLFOなど全9種そろって1200円。私のように、ピアノロールにMIDIを書き込み入力するのがもう面倒で面倒でたまらない人には絶対オススメです。

 

トラックパネルには新しくMIDI Effectsの欄が追加された

トラックパネルには新しくMIDI Effectsの欄が追加された

Rozeta XoXプラグインは808系のリズムシーケンサー

Rozeta XoXプラグインは808系のリズムシーケンサー

 

 

Cubasis 2.4のもうひとつの新機能は、iOS 11から加わった新アプリ「ファイル」をサポートしたことです。これまでもiCloudやDropBoxなどファイル共有に関してはいろいろと充実してはいましたが、この「ファイル」サポートによってファイルの共有はさらに便利になります。たとえば本家Cubaseとのファイル共有だったり、サンプルやループなどオーディオファイルの受け渡しなんかはめちゃめちゃ楽になります。

iOS11の新アプリ「ファイル」をサポートしたことでファイルの共有が便利に

iOS11の新アプリ「ファイル」をサポートしたことでファイルの共有が便利に

 

詳しくはCubasis 2.4紹介ビデオをどうぞ。

 

 

オルゴールのような形をした小型シンセBivalvia Synthesis

1

 

スウェーデンのLove Hultén氏がデザインしたBivalvia Synthesisは木製のケースを使ったAxolotiベースのハードウェアシンセサイザーです。Bivalviaとはハマグリのような2枚貝を意味するようですが、それを聞いただけでも詩的な雰囲気が漂います。

ふたを開くと中には6つのダイヤル式ノブ(またはフェーダー)、旧型のコンピュータキーボードのようなCherryキースイッチが15個並んでいます。このスイッチで12のMIDIノートを演奏したり、オクターブのアップ・ダウンシフトを行うことができます。さらには15wのスピーカーを内蔵。Axolotiのパッチソフトウェアを使いサウンドやエフェクトを作ったり、内蔵SDカードを経由してパッチのトランスファーができるとのこと。

Axolotiは独自にシンセパラメーターをデザインできるMax/MSPのようなソフトウェアで、Axoloti Coreと連動することによってスタンドアローンのハードウェアシンセを設計できるものです。プログラミングのテクとアイデアさえあればこんな可愛いハードウェアシンセを作れてしまうんです。

Bivalvia Synthesisのサウンドは下のビデオで聞くことができます。

 

 

16

12

21

 

LOVE HULTEN

 

本家MOOGがリリースしたiOS版Minimoog Model Dアプリ

minimoog-ios

 

Moog社が新しいiOSアプリMinimoog Model Dをリリースしました。対応ディバイスは64ビット対応のiPad、iPhone、iPodとなっています。

Minimoog Model Dはその名が示している通りMinimoog のModel Dハードウェアシンセ(価格$3,749!) をiOSデバイス用に移植したソフトウェアシンセです。このiOS版Model Dにはハードウェアにはない特別な機能として、4ボイスポリフォニック、アルペジエーター、リアルタイムのループレコーダー、ステレオピンポンディレイのモジュール、新しいタイムモジュレーションエフェクトBenderを搭載しています。さらにAUv3フォーマットに対応しているのでGarage BandやCubasisとの連携も簡単になります。またNote-per-channel MIDI controllers (MPE)を読むこともできるのでRoliやLinnstrumentのような新世代のコントローラで演奏することによって本家Model Dハードウェアシンセでは全く不可能なサウンドを演奏できるに違いありません。これは是非試してみたいです。

正直今となっては全く珍しいくないMini Moogサウンドですが、iOS版に移植されることで21世紀らしい新しい解釈が付け加えられるのが良いですね。今なら価格600円!その他のMoogアプリ(Model 15、Animoog iPad、Animoog iPhone、Filtatron)もセール中です。

公式ビデオ(↓)は昔々懐かしいサウンドをプッシュしているようですが、やはり本家Moogのアプリとなると気が引き締まります。

 

 

Minimoog Model D app